クレンジングをやめたら美肌になれる?体験者の口コミ

クレンジングをやめたらどうなる?

  • 2019年10月7日
  • 2019年10月7日
  • BEAUTY

「クレンジングはやめた方がいい。」
「クレンジングは絶対必要。」

など、様々な論争がありますが、実際のところどちらがお肌にいいのか気になりませんか?
脱クレンジングや肌断食などがブームになっていますが、やめたらお肌にどんな効果があるのでしょう?

今回は、そんなクレンジングに関しての疑問や悩みを徹底解説します。
実際にやめた人の口コミや感想もご紹介していくので、これから脱クレンジングを考えている人は、是非こちらの記事を参考にしてみて下さい。

記事作者_icon
田中まなみ
ANVAR公式ライター
プロの美容ライター。化粧品検定第1級の資格を保有。
Facebook_icon
「クレンジングは肌に悪いから、やめた方が良いのかな?」クレンジングが肌に悪いという専門家などもいますが、果たして真実はどうなのでしょうか?
今回は、具体的にクレンジングの何が悪いのか、また、実際にやめた人の肌はどのように変化したのかなどをご紹介します。ような気がする人は、ぜひ参考にしてみて下さい。
また、洗顔ブラシの正しい使い方や効果なども詳しく解説していきます!

クレンジングはやめた方がいい?その理由は?

クレンジングはやめた方がいい?その理由は?
化粧をした後の最初のスキンケアであるクレンジング。

しかし「肌に負担がかかるからやめた方がいい。」といった意見もあります。
やめた方がいいとされる理由には、

  • 老化を早める
  • ニキビ・肌荒れの原因になる
  • 乾燥を進める
  • 毛穴を塞ぐ

などが挙げられ、実際にクレンジングをやめたことでこれらの悩みが解消したという人がいるのも事実です。
ではなぜ、クレンジングをやめたことでこれらの悩みが解消されたのでしょうか?

界面活性剤について

クレンジングが肌に影響を与える一番の理由は、配合される成分「界面活性剤」にあるとされています。
メイクは本来水で洗い流すことができません。

特に油分が多く含まれるファンデーションは、油分で落とす必要があります。
しかし油だけを塗っても油分は浮き上がるだけで、お湯や水をかけても流れていきません。

そこで活躍するのが界面活性剤です。
界面活性剤は本来混ざり合わない水と油を混ぜ合わせ、乳化させてメイクを落とします。

界面活性剤の落とし穴

しっかりメイクや汚れを落としてくれる界面活性剤。
本来有り難い存在に思えますが、なぜ負担と言われるのでしょうか?

界面活性剤が悪影響とされる理由は、「肌に必要な成分まで奪ってしまう。」といったところにあります。
肌には本来天然の皮脂膜があり水分や油分がバランスよく蓄えられ、正常な状態であれば少しの刺激ではトラブルはおきません。

しかし洗浄の強いクレンジングを使うと、メイクと一緒にこれらの天然の潤いが洗い流され、バリアを破壊する場合があります。
肌バリアが壊れてしまうと外的刺激に弱くなり、油分と水分のバランスが崩れトラブルの原因に……。

水分が蒸発しやすくなってしまうので、結果的に乾燥や老化をまねいてしまうことになります。
さらにクレンジングにはオイル成分が含まれているので、弱った肌にオイルや汚れが毛穴に詰まりニキビの原因になることも……。

そのような理由からクレンジングをやめた方がいいという専門家もおり、クレンジング離れする女性が増えているのです。

やめた人の口コミと感想

やめた人の口コミと感想
「肌へのダメージを減らすために、一度クレンジングをやめたい。」とは思っても、やめたら本当に美肌になれるのか気になるところです。
そこで、実際にやめた人の口コミや感想を調べてみました。そのなかで参考になりそうなものがあったのでご紹介します。

口コミ

  • クレンジングをやめて2週間ほど経ちます。最初はいいかも!なんて思ってたんですが、肌がゴワつき毛穴に白い角栓が見えます。
  • やめて2ヶ月くらいになりますが、以前よりは肌の状態がよくなったと思います。
  • クレンジングをやめたら、敏感肌が治った気がします。肌の乾燥も気にならなくなりました。
  • 私はクレンジングが悪とは思っていない派ですのでクレンジングはやめません。

クレンジングは絶対に必要という口コミから、やめた方がいいという口コミなど様々。色々なサイトを調べたところ、その意見は半々くらいのようです。

効果を実感できる人とできない人

専門家でも意見が分かれるクレンジングの有無。
実際にやめた人の意見もそれぞれで、「毛穴が縮小され肌がキレイにった。」と感じる人から、「肌がゴワゴワし乾燥が悪化した。」など、人によって感じ方は全く違います。

「意見が真っ二つに分かれるならどちらを信じたらいいの?」
人により使用するファンデーションやメイク用品、クレンジング剤は異なります。

一概に「クレンジングはやめた方がいい。」というのは極論すぎるかもしれません。
クレンジングをやめたことでお肌がキレイになった人は、今まで使用していたクレンジングが粗悪だったり、洗浄力がきつすぎていた可能性も考えられます。

クレンジングをすることが悪いのではなく、お肌に合わないクレンジング剤を使用していることで、肌を傷めている場合もあるのです。

大切なのは選び方

大切なのは選び方
クレンジングには「オイル」「クリーム」「ジェル」「ミルク」などがあります。
形式は違うもののクレンジングには、

  • 界面活性剤
  • オイル

が配合され、汚れ落ちがよいものは特にこれらの成分が多く含まれているのが特徴です。
ファンデーションやメイクを落とすのに必要不可欠な存在ですが、肌に悪影響を起こす成分もあるので、特に気をつけたい成分を覚えておきましょう。

ダメージを与える成分

ダメージを与える成分
界面活性剤の中で特に避けたいのは石油系界面活性剤です。

石油系合成界面活性剤は、

  • ラウリル硫酸TEA
  • スルホン酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 塩化アルキルトリメチルアンモニウム
  • 塩化アルキルトリメチルアンモニウム

などがあり、これらの成分が含まれるクレンジングを使用している場合は、やめた方がいいでしょう。
ファンデーションやメイク、毛穴汚れをスッキリ落としてくれますが、同時に肌の潤いも奪ってしまいます。

刺激が強いこともあり、敏感肌などは特に注意したい成分です。
種類は他にも数え切れないほどたくさんあるので、ネットなどで成分を調べてみて下さい。

そしてもう一つ確認しておきたいのがオイル成分です。
こちらも多くの種類がありますが、特に使用をやめた方がいいオイルというのが、炭化水素油系の【ミネラルオイル】。

お値段の安いプチプラクレンジングに多く含まれるので注意して下さい。

優しい成分

石油系界面活性剤より洗浄力がマイルドで、肌への刺激が少ない界面活性剤もあります。

  • ステアリン酸
  • オレイン酸
  • ラウリン酸
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • レシチン
  • 脂肪酸モノグリセリド

などは比較的お肌に優しくマイルドな洗浄力なのでオススメです。

しかし洗浄力がマイルドになった分、お肌をゴシゴシこすってを落とそうとしては意味がありません。
また、オイル成分で優しいのは、

  • アーモンド油
  • ココナッツ油
  • オリーブ油
  • コメヌカ油

などの植物系です。

価格が高くなりますが、お肌へのダメージを押さえてくれるのでおすすめ。
しかし、あまりにも濃いメイクの場合洗浄力の弱いクレンジグ剤では毛穴に汚れが残ってしまう場合もあります。

クレンジングをやめたいと考えている人は、まずはベースとなるファンデーションを見直すことも大切です。

ミネラルファンデと石けんでのメイクオフ

ミネラルファンデと石けんでのメイクオフ
先述したとおり、クレンジングだけをやめたからといって、お肌がキレイになるわけではありません。
特に油分の多い濃いメイク用品などを使っているのであれば、ある程度洗浄力の高いものできちんと落とす必要があります。

「それでもやっぱりクレンジグをやめたい!」とう人は、石鹸で落とすことができるファンデーションを選びましょう。
最近ではファンデの質もあがり、石鹸で落とせるだけでなくスキンケア効果のあるものなども販売されているので、色々チェックしてみて下さい。

人気の高いものではetvos(エトヴォス)のミネラルファンデなどがあります。つけたまま眠れて石鹸ですっきり落とせることから大人気となりました。

クレンジングをやめたい人は、まずはファンデーションの質にこだわってみましょう。

クレンジング&洗顔ケアのポイント

クレンジング&洗顔ケアのポイン
クレンジグをやめたい人は、石鹸で落とせるファンデを使用するのがおすすめですが、ミネラルファンデなどは値段が高いのがデメリット。
肌に良いのはわかるけど、中々手が出せないという人もいますよね。

さらにリキッドファンデーションや油分の多いファンデーションを使用している場合は、やはりクレンジングは必要です。

その日の肌コンディションに合わせて

クレンジングは、その日のメイクの濃さや肌のコンディションによって使いわけることがポイント。
落としにくいリキッドファンデーションなどは、マイルドな洗浄力では落ちない場合もあるので、やはりどうしても洗浄力の高めのクレンジングが必要になってきます。

いつもより念入りにメイクをした日は少し洗浄力の高めのものを選び、普段のナチュラルメイクの時はマイルドなものを選ぶなど、使い分けるといいでしょう。
使い分けることで、肌へのダメージを防ぐことができます。

洗顔で毛穴汚れスッキリ

洗顔ケアはクレンジングをやめた人もメイクをしない人も、必ずしなければいけません。
メイクをしない日は、石鹸などを使用せず洗顔を水洗いだけにする人がいますが、きちんと汚れを落とさないと毛穴の角栓づまりなどの原因になります。

セラミドで保湿する

肌断食が一時期ブームとなり、保湿をしないスキンケアを推奨する専門家もいました。
しかし肌断食で保湿をやめたことによりお肌が極度に乾燥し、肌荒れなどが余計に悪化したケースも多くあります。

保湿をやめた肌断食は独自の判断ではとても危険なので、どうしてもしたい場合はプロによるアドバイスを受けるようにしましょう。
スキンケアの最後は必ず保湿ケアをすることが大事。保湿剤は肌なじみのいいセラミド入りがおすすめです。

まとめ

まとめ
クレンジングをやめたことでお肌の調子が良くなった人、逆に調子が悪くなった人と極端にわかれました。
どちらが正解ということでもなく、必ずしもやめた方がいいといわけでもありません。

やめたことで効果があった人は、使用していたクレンジングの質に原因があった可能性もあります。
質の良い成分のものであれば、ダメージを受けることはないので、まずは使用しているクレンジングの成分を見直してみましょう。

関連記事

毎日のようにメイクをする女性にとって、クレンジングは身近な存在です。 選びきれないほど豊富な種類のクレンジングが販売されていますが、肌質によってはなかなか相性の良いものが見つからずお悩みの方もいるのではないでしょうか。 ここでは、刺[…]